再生燃料抽出の仕組み

120℃程度の飽和水蒸気をさらに過熱し、最高800℃の高温無酸素の水蒸気を分解炉内に射出します。
そして高温H2Oガスの生成により油脂分を気化させます。この気化ガスをコンデンサーで冷却し液化させます。

この時、コンデンサーにて液化しない気化ガス(オフガス)は、全てオフガスタンクに貯留され、圧力制御により順次反応炉保温用熱源として再利用されます。

液化した油は、油水混合状態となるため、比重による油水分離で油分と水分に分離させ、ろ過水槽で不純物を除去し再生資源油を取り出します。

再生資源回収の仕組み

過熱水蒸気のポテンシャル

■ ダイオキシン&二酸化炭素・ゼロ

過熱水蒸気による反応炉内は無酸素状態で、焼却炉で起こるような酸化反応が無ありません。
そのため、ダイオキシンやCO2を発生させません。

ダイオキシンは発生しない

■ 過熱水蒸気の加熱パワー

水を沸騰させ100℃になると水蒸気に変化します。

この時、水蒸気の温度は100℃ですが、さらにその分子を加熱することで、水蒸気の温度は100℃を超えた無色透明の高エネルギー水蒸気(過熱水蒸気)になります。

この過熱水蒸気には、幅射伝熱、対流伝熱、凝縮伝熱という特徴が加味され、対流・放射の複合伝熱パワーと正確な制御性を保持する事になります。